結婚や病気で大きく変わる女性の保険は保障内容をよく比較して選ぶ

人生の設計図が大きく変わる結婚を機に見直す

結婚は、男女共に人生における大きなイベントであり、結婚を機に、家族のために将来の安心を手に入れたいと思う人は多くいるはずです。その際、子供がいれば子供のために学費等を残しておくことが大切です。そのため、教育ローンを組むよりも早い時期から学資保険に加入するという選択肢も有利と言えます。また、夫が大黒柱として家計を支えている場合は、万が一、夫が早くに亡くなった場合に、家族にまとまったお金を残しておくことも大切です。その分、死亡後の給付金が充実している商品は、掛け金が高い場合が多いので、家族と相談して家計の負担になりすぎないようにする必要があります。また、妻の場合は、死亡時の給付金を手厚くせずに、学費や医療など他の保障を手厚くして、家族でバランスのよい商品の選び方をすることが大切です。そして、できれば家族で同じ会社に加入し、手続きや連絡先を統一しておくと、給付金の請求時に混乱せずに済みます。

女性特有の病気や治療の特約を調べておく

病気になったときの医療費や入院費を負担してくれる医療保険は年を取るにつれて重要になってきます。特に、乳がんや子宮がんのように女性特有のがん特約が付いた商品は、年々人気で加入する人が増えています。特に、家族や親族に女性特有のがんの病歴がある人は、早い時期に加入しておくと安心です。最近では、医療が進歩しているおかげで、早期発見で治るがんが増えてきましたが、莫大な医療費がかかる場合もあり注意が必要です。また、治療のために仕事を辞めることも予測して、ある程度の余裕が持てる商品を選ぶことが大切です。その他にも、不妊治療に特化した商品など、女性が注目すべき商品が多数販売されているため、よく比較して加入する必要があります。

収入とよく相談して無理のない商品を

医療保険を選ぶ際は、入院特約やがん特約などのオプションについて、しっかりと調べておくことが大切です。最近では、長期入院よりも通院で治療するケースが増えており「入院期間が短かったため給付金が少なかった」というケースもよくあります。入院一日目からの給付か五日目からの給付でよいかを、掛け金と共に比較して納得する商品を選んでください。また、あまりに不安になりすぎて特約を付けすぎると、掛け金が家計を圧迫する事態も考えられます。日本には「高額医療制度」が存在し、ある一定額以上の医療費を支払わなくて済むように整備されていますので、収入とよく相談し、掛け金と保障内容を比較して保険を選ぶことが大切です。